三大ED治療薬として名高いバイアグラ、レビトラ、シアリス。その中でも群を抜いて人気を誇るのが効果時間が長く副作用の少ない「シアリス」です。

シアリスは高カロリーでなければ食事後に飲めます

シアリスは2003年にアメリカのイーライリリー・アンド・カンパニーから発売されたED治療薬で、2007年には日本でも厚生労働省に正式に認可された有効性の高い薬です。長い効果持続時間が特徴で、長時間マイルドな効果を得られるため、他のED治療薬では顔の火照りを生じたり、強く効きすぎると感じる人におすすめです。
シアリスは、金曜の夜に服用すれば、日曜の朝まで効果が持続するのではウィークエンドピルとも呼ばれています。1錠飲めば、週末の間ずっと効果を得る事ができるからです。

シアリスの大きな特徴として、食事の影響をあまり受けない事があります。先発ED治療薬では、食事のカロリーに気を使ったり、服用タイミングを計る必要がありましたが、性的刺激に応じてのみ勃起機能を改善するシアリスは、効果持続時間も長いため食事の影響を受けにくいとされています。販売メーカーの発表では、800kcal程度までの食事ならば影響を受けないとの説明がなされており、高脂肪・高カロリーな食事でなければ、通常の食事を摂取して問題ありません。しかし、他のED治療薬と同様、空腹時に服用した方が体内への吸収が早く、速効性があります。体内に完全に吸収された後は、食事をしても薬効に変化は生じません。

シアリスの有効成分はタダラフィルで、同じくED治療薬として使用されるバイアグラやレビトラと同様に、勃起を妨げる酵素の働きを阻害する効果があります。
タダラフィルは白色の粉末で、水に溶けない性質を持っているため、服用後に血中の濃度が最高になるのは30分から4時間と人によって大きな個人差があります。そのため、服用のタイミングは性行為の3時間前くらいが良いとされています。