三大ED治療薬として名高いバイアグラ、レビトラ、シアリス。その中でも群を抜いて人気を誇るのが効果時間が長く副作用の少ない「シアリス」です。

シアリスの副作用と発症率を検証

シアリスの特徴としては、効き始めはマイルドに効果が現れだし、数種類ある勃起不全治療薬の中で最も長い効果持続時間を持っています。
個人差によって前後しますが、二十四時間から三十六時間の効果持続時間があるため、金曜日の夜に服用すると日曜日まで作用が持続します。
ウィークエンドピルと呼ばれ一錠で週末を乗り越えられるので、経済的なコストパフォーマンスに優れています。
シアリスは他の勃起不全治療薬と似たような副作用があり、主な症状としては顔のほてりや頭痛、胃の不快感などの症状があります。
シアリスは全ての人に副作用が出る訳では無く、約三割の利用者が副作用を感じます。
他の勃起不全治療薬よりも副作用が出る確率は低くなっています。
副作用としては30%の発症率で長時間の効果を得られるので、初めて利用する方でも安心して服用が可能です。
効果持続時間は長いですが、性的興奮や刺激を伴わなければ勃起状態になることはありません。
興奮や刺激によって体内で感情グアノシンーリン酸が分泌されたときにPDE-5の働きを阻害し陰茎海綿体の血管を拡げ血液が流れ込める状況を作ります。
血液が流れ込むことにより、スポンジ状の海綿体が膨らむことによって勃起します。
心臓や血管の病気を患っていたり、肝機能障害や血圧に異常がある方の場合は服用できない可能性があります。
食事によってシアリスの効果が半減することがなく、800キロカロリーまでの食事なら楽しむことができます。
あっさりとした軽食なら食後に服用することもできます。
効き始めるまでに2時間ほど時間がかかるので、あらかじめ計画的に服用しておく必要があります。
シアリスは利用しやすいのが特徴です。